スマートフォンのアフィリエイトで100万稼ぐ!(スマホでアフィリ)


おすすめ1位!スマホサイトを作りたいならこれ!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


おすすめ2位!初心者でも安心!アフィリエイトサイトを簡単に量産!
サポートフォーラムでお悩み解決!PCスマホ携帯すべてでお小遣いを稼ぎたいなら今すぐクリック!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スマートフォンのバッテリーを使ってしまうアプリケーションとその対策

スマートフォンについて思うことは多々あるのですが今回は各種アプリケーションがつかっているバッテリーの消費具合について文章を書いてみたいと思います。

 

SkypeやLIneなどがその代表格なのですが、常駐型のアプリケーションは常時通信をおこなっており通信パケットが常に発生しているため電波が貧弱な地域などになると通信パケットのエラーが頻発するためさらに通信を試みるようになり、バッテリーが著しく減少します。気づかずにインストールしていることが多いようにおもいます。アンインストールしたほうがいい場合もあるでしょう。

 

しかし、本来こういった仕事はそもそもコンピュータにさせるべきだと思うのです。さてまだスマートフォンが出てきて日が短いのでまだまだOS自体が仕上がっていない部分があるのですがどれくらいバッテリーをアプリケーションがつかっているか (CPUおよび通信レート)からプロセスごとに把握することは物理的に可能です。

 

なので圧迫のしぐあいを内部で持っておきバッテリーを圧迫するアプリケーションのランクをもっておいてバッテリーの持ち具合を長くしたい場合は一定のランク以上のアプリケーションなどを起動しないようにするといったのが標準になるのが本来のOSの姿だと個人的に思っておりこのジャンルでのスマートフォンのOSはまだまだ、使い物にならないかなー といった印象を持ちます。