スマートフォンのアフィリエイトで100万稼ぐ!(スマホでアフィリ)


おすすめ1位!スマホサイトを作りたいならこれ!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


おすすめ2位!初心者でも安心!アフィリエイトサイトを簡単に量産!
サポートフォーラムでお悩み解決!PCスマホ携帯すべてでお小遣いを稼ぎたいなら今すぐクリック!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

新しいスマートフォンが続々登場する夏モデル

docomoとauの夏モデル発表会が終わりました。ただ両メーカーに共通して言える事なのですが、すっかりスマートフォンだらけになってしまいました。さてこのdocomoとauのラインナップの中から独断と偏見で気になった機種をピックアップしてみました。

 

まずはdocomoからですが、スマートフォンも遂にクワッドコアを搭載する時代になりました。富士通から発売される機種は本当に全部入りの恐ろしいスマートフォンです。さらに指紋センサーによるロック解除など、セキュリティ面でも安心できるスマートフォンに仕上がっています。スペック的にはどのメーカーも太刀打ち出来ないレベルです。しかし初めての機種は危険なポイントが多く見受けられます。前モデルでも細かい不具合が多く、スペック的には良くても評判が悪くなってしまい販売実績に響いてしまったという残念な事がありました。今回は大丈夫でしょうか。

 

次にdocomoで気になった機種は、ソニーモバイルのスマートフォンです。ソニーモバイルも遂にXi対応モデルとなった2機種の発表となりました。docomoではソニーモバイルのスマートフォンは前モデルも相当数販売しています。この機種も人気のひとつになる事は間違いなさそうです。

 

docomoとしてはこの2機種が気になりました。そして次はauです。auでも富士通製のスマートフォンはクワッドコアモデルの登場となりました。こちらもdocomo同様に全て入りとなっています。だからWiMAXも使えるし、auの高速通信回線に対応しています。この機種も自分の中では早くホットモックを触って見たい機種のひとつとなっています。

 

そしてauでは、あのグローバル企業であるHTCに対してマーケットを日本限定としたスマートフォンを開発させていました。それがHTC Jです。WiMAXもワンセグもおサイフケータイ機能まで搭載されています。ただこの機種はひとつだけ残念な点がありました。それは3G回線での通信速度が従来のままなのです。この部分がなければもしかすると手を出したかも知れません。

 

後はSoftBankとWILLCOMが同時に5月29日に発表会を行ないます。どのようなスマートフォンが登場するのか非常に楽しみです。SoftBankの話題は夏モデルだけではありません。7月よひ正式なサービスとなる900MHz帯域を利用したは、どこまでSoftBankの汚名を返上出来るのでしょう。これからの業界の動向に注目です。